社員インタビュー

後昇汰さん

選考を通して豆子郎という会社の理念やビジョンにすごく共感して、入社を決めました。

宇部空港店
後昇汰
営業部 / 2018年入社
  • 入社のきっかけを教えて下さい。

    大学の進路で迷っていた時に弊社マネージャーの正木とお話する機会があり、そこで「豆子郎」という会社に出会いました。一番最初のきっかけは「正木さん、すごくかっこいい大人だな」「こんな人になりたいな」と思ったことです。そこから選考を通して豆子郎という会社の理念やビジョンにすごく共感して、入社を決めました。

  • 今は具体的にどんな業務をされていますか?

    店頭での接客を主に行っています。仕事をする中ではお客様がどうしたら喜んでくださるかを常に考えて行動しています。

  • ご自身から見た職場の雰囲気を教えて下さい。

    人間関係が良いので、そういったことでの職場の悩みは一切ありません。
    本当に皆さん優しい方ばかりです。

  • この会社に入って良かったなと思うことはなんですか?

    入社するまでは何の目的も目標も無かったのですが、入社してからは「自分が人としてどうなりたいか」を考えるようになり、人生が明るくなりました。自分の未来が開けたような感覚です。

  • 今のお仕事でやりがいやモチベーションに繋がっていることはありますか?

    自分が目標を達成して成長することが会社の成長にも繋がっていると感じる時、すごくやりがいと達成感を感じます。

    後昇汰さん
  • 実際に目標を達成したエピソードを教えて下さい。

    キャンドルナイトというイベントがあるのですが、それを企画から一生懸命やって実現できた時は、それが自分の目標でもあり、お客様からもたくさん「ありがとう」の言葉を頂けたのでとても嬉しかったです。

  • 働く上であなたの価値観・重要視する事はなんですか?

    自分らしくいながら、会社の理念を体現していることですね。

  • これから働く上でどういった仕事をしたいですか?

    会社の役員や重要な幹部人材になることです。
    そのために視座を上げていくことに気をつけています。自分の知覚で分からないことも、上の人が何を見て仕事をしているのか常に意識して、1本の商品移動や在庫管理の電話でも、どこを見て判断しているのか考えています。

  • 会社の自慢をしてください。

    たくさんありますが、一番はお菓子の美味しさです。
    本当に美味しいので、自信を持ってお客様におすすめできます。

  • 社長の自慢をしてください。

    自分達の可能性を信じ続けてくれることです。
    社長も常に成長しているので、そこについて行きたいと思います。

  • あなたと一緒に働いている方の自慢をしてください。

    上司は人としての在り方を含めアドバイスをくれる、自慢の上司です。同僚は一緒に肩を組んで進んでいるようなイメージです。仕事でもプライベートでも関われてすごくいい関係だと思います。部下は3人しかいないのですけど、本当に素直で真っ直ぐでピュアだなと思う人ばかりです。

  • どんな人と働きたいですか?入社希望の方にメッセージをお願いします。

    この会社を存続して次の世代に繋いでいくためには、今まで培ってきたものを大事にしつつみんなで同じ目標に向かって努力する必要があると思うので、理念やビジョンに共感してくれる人に入社してほしいと思います。一緒に頑張りましょう。

  • あなたの好きな自社のお菓子は何ですか?また、その理由はなんですか?

    『密封包装の豆子郎』が一番好きです。もちろん『生絹豆子郎』も美味しいのですが、『密封包装の豆子郎』を温めて食べて、「本当においしいな」と思いました。