代表メッセージ

美味しさを通じて、
お客様の喜びと幸せに貢献する

お菓子とは、人を和ませたり笑顔にしたりするものです。誰かとの大切な時間に楽しんだり、疲れた時の癒やしになったり、ある時は応援にもなり、故郷を思い出す味にもなる。弊社の仕事はお菓子を通してその人の人生に寄り添うことができます。

創業者の田原美介は外見にとらわれることなく、中身が重要であるという考え方を持っていました。その精神はまさに「まずは味」とするお菓子作りにしっかりと継承され、「美味しさを通じて、お客様の喜びと幸せに貢献する」という創業理念になっています。

株式会社豆子郎 代表

オンリーワンのおもてなし

豆子郎ではお客様一人ひとりに合わせ、「今だけ、ここだけ、あなただけ」のおもてなしを行っています。なので、形式を作るようなマニュアルもありません。いらっしゃるお客様は年齢層も、購入する商品の用途も、状況も様々です。ならば当然その方に合わせたその時の最善のおもてなしも、唯一のものになるはずです。
マニュアルで作る形式にこだわったおもてなしではなく、豆子郎が目指すのは「お客様にどれだけ幸せを与えられるか」ということです。

豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし 豆子郎のおもてなし

人としてのあり方を磨く育成

従業員の育成には決まったカリキュラムがあるわけではなく、一人ひとりの現在のスキルや考え方を確認し、それに合わせた教育プランを作ってOJTを行っています。
「今だけ、ここだけ、あなただけ」のおもてなしをするには机の上の勉強だけでは不十分です。現場に出て先輩の背中を見ながらそれぞれのお客様に合わせたおもてなしを身に付けていただきます。
また、商品の知識はもちろんですが、人としてのあり方の教育を重要視しており、そのための外部研修への参加も補助します。
社員教育において、他にも様々な内外の研修やセミナーを取り入れています。

豆子郎ファミリー

豆子郎では20代から最高齢86歳までの幅広い年齢層が働いており、家族のような関係でお互いを信頼しあって働いています。また、だからこそお互いにキチンと思いを伝え、理解し合う関係です。
私は豆子郎ファミリー全員の可能性を信じています。人として成長し、自分の「こうなりたい」という理想に近づくための環境がここにはあります。

代表取締役社長 田原 文栄
接客

創業理念

美味しさを通じて、お客様の喜びと幸せに貢献する

企業理念

お客様に愛される商品を提供し 愛される企業であり続ける

経営理念

ふるさと山口の皆様に感謝し恩返しする

経営ビジョン

幸せを伝導する菓子づくり、人づくりを通じてふるさと山口に貢献する
地域オンリーワン企業を目指します